Frozen Vegetable Frozen Vegetable

縁屋の冷凍野菜

増加する冷凍野菜の需要と実情

2017年の冷凍野菜の輸入量が、初めて100万トンを突破した。国産野菜の高騰を受け、割安感を訴求できる商材として小売店が売り込みを強め、需要が急激に高まっている。そのままゆでたり揚げたりして食べられる、調理の簡便性も支持を集めます。産地関係者は「国内野菜産地の大きな脅威になって

だからこそ 安心・安全の国産野菜を

日本の農業が抱える高齢化問題、後継者不足の現状が深刻になる中、大小かかわらず加工工場に出荷することにより収穫した収穫した野菜野菜すべてを利用でき、農家に手間をかけずに農家に貢献、価格も規格品と規格外品の中間のため安く仕入れることが可能。 農家がいままで廃棄していた野菜の販売を実現し、農家の収益を向上させた上で、消費者に安心・安全の国産野菜の冷凍品をお安くお届けすることが可能となりました。

美味しさを持続する特殊な冷凍加工技術

凍結時間が長くなれば食品内の水分が凍る際に氷の結晶が大きくなるので、風味が落ちてしまいます。一番重要なのは、素早く冷凍させることです。水分が氷に変わる温度帯を早く通過させることで、旨み成分が流出せずに冷凍することができます。 そのため縁屋では、超急速冷凍でまだ7 0 ℃ と熱いうちにマイナス4 0 ℃ まで下げる特殊な技術を使います。 細胞組織を破壊されずに凍結された冷凍食品は、解凍時に旨み成分であるドリップがほとんど発生せず、みずみずしさや食感をキープして冷凍前と変わらない状態に戻すことが可能となります。 食品を急速に凍結させる為には、媒体の温度を下げるか、低温のカロリーをいかに早く伝えるかが焦点となります。 エアーブラストによる凍結では、冷凍機の能力アップによって超低温の冷風を作り出し、急速に冷凍することができるようになりました。 このような技術の進歩が、食品の鮮度管理や運送コスト削減に多大な貢献をし、収穫時期や製品の価格変動に影響を受けず、食品の長期保存も可能としてきました。